147イモビフェイラー ・その1

3/1水
 
NPA「車検通した翌日に入院決定?」失笑。というつぶやきから今回のトラブルは始まりました。
  

   
思い返すと昨年秋口の冷え出した頃から原因不明のECUエラーが続いていたため、
毎度初っ端のトラブル被害にあうNPAは、車検前から乗換希望だった事は百も承知なんですけどね。
 
金の無いエンスージアズムの外車乗り達なんて苦労をネタに笑い飛ばす位を楽しみにしてないとやってられんのですわぃ笑
 
ましてや乗り換えようにも、「ファミリー」「MT」「LH」と括る特殊条件の下で見合うクルマなどそうそう見つかる訳もなく。
  


 
しかし、今回の「IMMOBILIZ. FAILURE」は未知の領域だす。 
   
先ずは、バッテリーオフオンからスタート。
  
並のエラーであればこれだけで治ることも多いのだが、どうやら今回はこの対応だけではダメなようだ。
1枚目の写真のようなイモビフェイラーのメッセージが現れて、エンジンチェックランプは速い間隔で点滅。キーをイグニッションONにてセルは回るも虚しく空転するだけだった。
  

  
そしてもう一度オフからイグニッションONしてみると、今度は電源断しディスプレーが一切のメッセージがブラックアウト。こりゃダメだ。
  

ま、これくらいでは簡単にはメゲないけどね!笑


 
 
じゃあ今度はスキャナーを当ててみましょう。
  
①P0560 system voltage  
電圧系異常が依然継続しており悩まされております。昨夏バッテリーは入れ替えたばかりなので一旦要因から外します。
  

 
②P0141 O2 senser heater circuit bank 1 senser 2
O2センサーはイモビと関係無さげなのでとりあえず無視で笑
  

  
1枚目写真のようなイモビフェイラーが出てる状態からだと、スキャナーは「LINKING ERROR」となりクルマから色々拒まれます。
 

 
電気系異常の鉄板、接点クリーニング作業をしましょう。
KUREコンタクトスプレー(→Amazon)はもはや説明不要のエンスー御用達用品ですね笑
 

 
電圧良し!
 

   
汎用の安っすいスキャナー(→Amazon)ですので、ほぼほぼ車種固有の欲しい異常は読めないですが、もともとイレースコーズモードだけの為に買ったようなもんだ!

ほれ、ポチっとな!


 

 

↓一発始動でした!


 

  
  
つづく 
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment