147イモビフェイラー・その2

クルマメンテ影のブレイン、Eさんとのやりとりは、いつも新しい発見の連続だ。
 
今回も早速、147のECUに使われているボッシュME731のピンアサイン情報をささっと調べてくれた!
  
☆nomuさまも希少な情報、誠にありがとうございます。
http://www.geocities.jp/window0120/page466.html#lcn050
  
(リンクより拝借)

 
  (リンクより拝借)
  
(リンクより拝借)

 
イグニッション周りの番号を辿ると、
コネクター1の「16」「32」「47」「48」辺りか、、
  
しかし、電気配線図を持っている訳ではないので端子内の腐食でも見つけない限り、素人ではその先のトラブルシューティングはお手上げの可能性が高まる。
  
当然、機械物の不具合には原因があって問題が発生しているのであって、前回その1の対応では原因追求は全く出来ておらず、治っているように見えてもきっと治っていないであろう。このことは一貫してEさんより常々教わっている事である。
  
やはり、そんなこんなをしているうちにやはり?症状が再発。イモビフェイラー以外にも出るわ出るわ色んな異常が笑
  


    
Eさんより問題の箇所を辿るヒントも頂いたので、これらを念頭に原因を追ってみる。
 

  
前回、接点の見直しをしていなかったエンジンルームヒューズボックスや
 

  
主治医から疑われているバッテリー端子も接点点検。しかしどれも異常は見受けられない。
 

   
再度イグニッションをONにすると、イモビフェイラーのメッセージは全く治らなくなっていて、しばらく途方に暮れていたのだが、
 
エンジンルームより「カカカカカカカカカカ」と耳慣れない音に気付いたので発生源を辿ってみると、
屋外ヒューズボックス内にある、T10のポジションのリレー(46520411 232006)から異音が発生している事が判明。
  

  
憎しみを込めて怒りのデコピン攻撃を仕掛けると異常音が消えて静かになったψ(`∇´)ψ
  

おっこれだったのか!?(´・ω・`)


 
すぐさまキーをオンにするとイモビフェイラーが消えていた。スキャナーにもエラーログ残っていない!
 
買い物がてら、近くのアルファロメオディーラーに立寄りリレーの在庫が無いか聞いてみたところ、どうやら持ち合わせは無さそう。
 
とりあえず、同じヒューズボックス内に収まる、あまり重要で無そうなホーンリレーも同じ型番のリレーだったのでサクッと差し替えて交換。
     

今の所、良い感じでエンジン始動とても安定してます(^-^)v


   
大分絞れて来ている感じですが、取り敢えずこれで様子見してみます。
 
つづくかも(続きたくないが笑)
 
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment