FC2ブログ

ドーバーライン(銚子ツーリング・その3)

4/5水
  
LINE電話インカムも調子よく、繋ぎっぱなし喋りっぱなしで、もはやどこへ行っても楽しい我々二人は、やはり?!端っこを目指す笑
 
犬吠埼灯台(→Googlemap)。世界灯台100選。テレビ局の元旦初日の出はここからの中継が多い。
  

   
山偏の「崎」「岬」が一般的だと思うのだが、ここ犬吠埼は土偏の「埼」である。
土偏の「埼」は土が露出している海に突き出たものを指すらしい。
因みに石偏の「碕」だとその土地に石がゴロゴロしていることが多いようだ。
  
石っぽいとか山っぽいとか土っぽいとか、組み合わせも沢山あるだろうに、、
  

何となく、名前を付けた人の感覚で決まっているものと勝手に理解した笑


  
  
銚子電気鉄道・犬吠駅(→Googlemap)。
  

  
銚子電鉄は銚子⇆外川間の赤字ローカル電車を特産品のぬれ煎餅の製造・販売の売り上げで運営している奇跡の鉄道(菓子製造?)会社です。
  
全面グリーンの車両は中々カワイイ感じです。
  

他の観光資源のない地域ならとっくにコミュニティバスに変わってるでしょう。


  

 
銚子電鉄とは別のですがお土産はやはりぬれ煎餅にします!
  

    
  
銚子マリーナ(→Googlemap) からは侵食された崖の遠景が見渡す限り続いています。マリーナに隣接する芝生の公園やビーチも広くて、中々気持ちいい場所です。
  
 

  
屏風ヶ浦は10kmに渡る海岸線沿いに連なる最大高60mの海食崖。
    

   
↓ちなみにこれが本場のドーバー。切立つ崖の高さと白色が印象的です。(画像拝借)
 

    
実物のドーバーは見た事はないけど、
 

自称「東洋のドーバー」と言うのはやめといた方が良いような気が、、(^-^;


  
トヨタ車にレクサスマーク付けてドヤ顔して走っている人みたいな笑
  
  
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment