武蔵六宮・杉山神社

6/7水
 
ここの所、土日中心にツーリングに出掛けていることもあり貴重な平日ボッチをどう過ごそうかと迷っていた。
 
バイクで出掛ける気分でも無かったのだが、CBにはまだ乗って居なかったなと思い出し、NPAのCB1100を借りてさくっと出発。
 
プロの整備済みで納車間もないし、インジェクションなので当面不安はないけど、調子の良い状態は早目にみておかないとね。
 

自分のバイクじゃないとちょっとドキドキする笑  


   
乗ってみた感想なんかはまた別の記事にしてみよう。
 
横浜市緑区西八朔・延喜式内社武蔵総社六之宮杉山神社(→Googlemap)。なぜに仰々しくも長い名称なのか?
  

 
延喜式内社とは、延長5年(927年)にまとめられた「延喜式」に記載された神社のこと。要は古くからいらっしゃる神様。
  
武蔵とはご存じの通りの東京、埼玉、神奈川の一部。
 
総社とは、かの昔、国司(行政官)が巡拝しやすいよう地域の祭神を一社に合祀した、いわば総合デパート的存在の神社。
   

  
武蔵国総社の大国魂神社の六ノ宮に列している当社なのだが、
 
調べてみると杉山神社というのは横浜・鶴見川沿いしかほぼ存在しない名称の神社であり周辺にも同名の神社が数十社ある。
  
幕末に大国魂神社の宮司猿渡盛章が、境内に改築記念の石碑を納めていた。
  
俗世とは遠い存在と思われがちな神社の世界にも権力闘争があって、お墨付きでも与えたのだろうか、とこの石碑をみて妄想した。
 

  
写真左下の93kgもある力石は、若い氏子達がこれをもって力を競い合った。相模川から運んで奉納されたそう。
持ち上げようとしてみたがビクともしなかった。
  

 
無人なのにしっかりとした拝殿。
 

  
主祭神は林業の神と云われる五十猛神(いそたける)。
 

  
御朱印は柿生琴平神社(→Googlemap)へ行くと頂けます。
 


  
  
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment