FC2ブログ

東洋ライスサイタマ工場

8/2水
   
この日、何事もなければ車で出掛ける予定だった訳だが、147が急遽入院のため、やむなく8月の極暑苦行?のバイクでまめちゃんと出発。
  
NPAは仕事だったため、3人で電車で行こうと提案したのだが、ぶっこさんは行かなくてもいいよーとお兄さんらしく振る舞う展開となり、家で待ってるとのこと。
 

家族の動きも変わってきているんだなぁ(´ー`)


   
 
  
やってきたのは東洋ライスさいたま工場(→Google)。原料の玄米から無洗米を製造している工場です。
 

   
まずは座学からで、玄米の状態から白米を炊飯する辺りまでの基礎知識を学んでいきます。
  
いよいよ工場内に入るため、用意された白衣に着替えます。
 
あのぅ、まめちゃん。キミはそういうノリ好きだねぇ(´ー`)
 

 
工場に入ると機械の雑音が大きいらしく、見学者全員がトランシーバーを装着して見学開始です。
 

 
玄米はパレットに乗って大袋に入った状態で入荷してきます。これで重さ1t超え。
 

 
30kg袋での入荷はパレット積でこんな感じ。
 

  
開封作業はしてなかったのですが、網の部分へ投入し玄米タンク室へ送られていきます。 
 

 
入荷したコメの年度、等級、銘柄、数量が特定出来ます。
 

  
この時点で入荷の袋に混在する石や金属、紐などの大きなゴミを取り除くようです↓
 

 
エアシャワー室を通り、工場内部へ潜入します。  
 

 
玄米タンク室には入荷ロット毎に玄米タンクに振り分けられ、他のロットとは混ざらないようになっています。これ一つで12t入る玄米タンクがなんと60個もあります。
 
 
 
精米室に送られた玄米が白米にされます。
 

 
精米室から白米室へ圧送され
 
 
  
白米タンク室へ運ばれます。
 

 
工場の最も肝なBG米加工室は撮影禁止。工場内で最も管理レベルが高められているそう。
 

 
BG米加工とは、コメをステンレスのパーツに衝突させ、粘着力のある肌ヌカだけが付着し、それを取り除いていく無洗米製造工程。
 
無洗米って、洗っちゃってませんか?濁りが出るので私も無洗米とはいえ普通に一度水で流してしまってました。
 
これ、米のビタミン類や旨味成分を流してしまうのでやめた方が良いということ。
   

家庭で水研ぎするより、はるかに綺麗に洗米出来る!と言い切ってました。ほほう。


   
選別機室に運ばれた無洗米は、石抜き機に掛けられ完全に米だけの状態になります。
 
東洋ライスの社長さんがこの石脱き機も発明したそうで、世界の人は石を噛まなくなったそう。ありがたやー。
    

 
さらにカラー撰穀機に掛けられ、割れた米や色の悪い米粒を選別します。
 
左側の袋が選別されて弾かれた異物。見た目は不味そうな感じだが、実は普通に食べれるんだそう。
 
 
 
包装室にて袋詰めし、パレットに並べる所まで機械による自動作業。
 
袋の中の偏りを防ぐ為、パレットに乗った後に上からパンパン叩いて平たくする所まで機械が自動でやっていて、それが妙に人っぽい動きでなかなか芸が細かくて微笑ましい。
 

 
出荷場には、有名飲食チェーン店や大病院などの行き先が書かれた米袋がパレットに積まれてました。
 

 
品質管理室は精米室から独立した場所にあり、どの工程でサンプル採取しているのかは不明でしたが、製品の評価をきっちり行われている様子が確認できます。
 
水分計や白度計
  

 
濁度計
  

 
マルチ糖度メーターは、人の舌に頼らなくてもコメの旨さが判ってしまうのだとか。まじか、すげー。
 

   
最初の会議室に戻ってきて、再度無洗米についてまとめの説明を受けます。
 
市販品で見かける無洗米はヌカ式(BG精米製法)かタピオカ式のほぼいずれか。 
 
  
  
肌ヌカだけを取りのぞき、亜子粉層を残すのがベストな精米とのことで、BG精米をアピールしていました。
先程の食味計でも旨味や甘味もしっかり残せるらしい。
  

  
金芽米(きんめまい)は東洋ライスさんの精米ブランド品のようで最後試食もさせていただきました。(説明の進行がスムース過ぎて、宣伝に入っているのに気付けませんでした(´ー`))
  
東洋ライスさんで製造される無洗米は産地品種を問わず、金芽米ブランドに出来るそうで、精米技術だけでブランド化出来る事に正直驚きました。
 
写真の金芽ロウカット玄米はクセのある玄米を白米感覚で!というウリのようですが、正直白米よりは雑穀感は感じます。
 
世の中健食ブームですし、雑穀米の新ジャンルとして、これはこれで美味しいと云えるお味かと思います。
  

 
東洋ライスさんの無洗米工場、思っていたより精米も奥が深い事がわかり、納得の展示内容でした。オススメです。
 

 
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment