【6日目】サロベツ原野

8/10木
 
美深を離れ名寄国道を北上、途中で白い花が一面に咲く蕎麦畑に遭遇。見た目の派手さが無いからか、観光の方も見て見ぬ振りして通り過ぎていきます。
 

 
蕎麦畑を見ていたら、急に蕎麦が食べたくなって来たため、バル1400さんが以前ブログの記事(→リンク)にしていていた音威子府駅(→google)の駅蕎麦を思い出し、立ち寄ってみることに。
 
まだ14時過ぎ、蕎麦の匂いが立ち込めているのにまさかの営業時間外とは、、
  

   
我々以外にも溜息をつきながら肩を落としている数人を横目に駅を後に。
 
ならば音威子府の道の駅なら、何かしらあるはず。
 

 


ズガーン、ここもまさかの休館日とは((( ;゚Д゚)))


  


 
  
商売っ気のない蕎麦は諦め、国道40号を天塩方面へ。
 
宿営地を鏡沼海浜公園キャンプ場(→google)へに荷を下ろし、
  

 
明日の天気はわからないので青空が覗いているうちに、オトンルイ風力発電所(→google)。3.1kmに28本の風車が一直線に並びます。
  

  
ここへ来るとテンション上がってきますね。
  
そういや、君達は三年前もここに来ているんだった。
 
 
  

以前とあまり変わらぬポーズを取る変わらぬ二人(笑)


   

 
幌延ビジターセンター(→google)の展望台は吹きっ晒しの物凄い強風。これは風車もよくまわるわな。
   

  
脇を延々と続くオロロンラインの直線道路も日本の風景じゃなくて好き。
 

 
我々の考案した北緯45度モニュメントのポーズ!
 

  
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment