FC2ブログ

国立科学博物館(常設)

10/8日
  
我が家にしては珍しく(今年初めてかも・・)、家族全員で電車を乗り継ぎ上野へ。
 
朝から丸一日見て回ってもきっと見切れない、国立科学博物館(→google)。
 
内容もわかりやすく、好奇心を刺激される展示が多くて、何度来ても楽しめる素晴らしい博物館です。   
 

 
この日の訪問主目的は蝶の限定記念メダル(^-^;
いやはや、すぐに達成です!(笑)
  

  
北海道にいるヒグマはDNA調査から氷河期に3つのルートを伝って来道していることが判明しているんだって。
 

 
港川人の蝋人形もマダムタッソー顔負けの仕上がり。裸では可愛そうなので服着させてあげてぇー
  

   
身近にもこんな顔(骨格)の人いるよねぇ 
 

 
日本に堕ちた隕石の展示。「君の名は」を妄想したのだが、この程度の大きさでは村は沈まないな(笑)
学術的にはすごいのでしょうが、素人目にはただの石にも見えてしまう(^-^;
 

 
家の向きが変わるくらいの揺れがあったといわれる、関東大震災を記録した東大の地震計。この綺麗な保存状態の地震計からは、当時の地震の凄さやら測定技術、長期保存してきた様々な想いを窺い知ることが出来ます。
 
 
 
常香盤(香時計)。お香の燃焼速度を時間計測に使っていたとは知らなかった。
 

 
勝手にiPhoneと見間違った江戸時代の携帯用日時計。そろばん機能付きもあったそうで、スティーブ・ジョブズもこれを見たのでは?(笑)
 

 
ハワイの実業家、ワトソン・T・ヨシモト氏寄贈の剥製コレクションは永遠の命を吹き込まれた動物達。クオリティの高い約400頭が広い展示スペースを埋め尽くす姿は圧巻です。
 

 
子供の時上野動物園で見かけたパンダのホアンホアンもこんな所に居ましたよ。
  

 
うげー!キショイ
  

  
FB3S(初代サバンナRX-7)の1/1設計図。まだ手書きの時代だったんですね。
 

  
たまにはこんな記念撮影もありでしょ?
 

  
ストリートビューでも、常設展(日本館のみ)見て回れるんです!(→googleストリートビュー)
  
  
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment