安房神社

10/1日  (投稿順序遡ります)
   
運動会を無事に終えた翌日の日曜日。なかなかすっきりした天候に恵まれぬ9月の天候でしたが、二週末連続のバイク日和。
  
川崎側からアクアラインを渡り、木更津から南房総へ向かうのはいつ以来ぶりか。
 
安房神社(→google)。安房国一宮です。
 

 
御祭神は天太玉命(アメノフトダマノミコト)。
創始は神武天皇が即位した皇紀元年(2677年前!)とかなり長い歴史がある。
  
天富命(アメノトミノミコト)が肥沃な土地を求め、阿波から房総半島南端に上陸し祖父・天太玉命と祖母・天比理刀咩命 (アメノヒリトメノミコト)を布良浜の男神山・女神山に祀ったのが安房神社の起源とのこと。
    

  
安房(千葉)と阿波(徳島)は読み方が同じ「あわ」なので何かあるかと思ってたら、この地を開拓した忌部氏が阿波から移り住んできたことと深く関係しているみたい。歴史が古過ぎてもはや本当の事は判らないようですが。
   
御朱印。昨日まで確かに九月だったが、修正液か・・
 

  
◯◯半島とつく所へやってくると意味があろうが無かろうが最突端を目指すのがライダーだ!
 

 
安房神社から南下してやってきたのたは、最南端の野島埼灯台(→google)。いかにも!って感じの灯台です。
 
幕末の1866年に米・英・仏・蘭の4ヶ国と結んだ(結ばされた)改税約書(別名・江戸協約)によって建設された8ヶ所の灯台の一つ。
   

  
弱体化した江戸幕府にとって、当時の四国連合艦隊の威嚇効果は絶大だったんでしょうね。立地的にも灯台は必要なものだったので結果良かったのでしょうけど。
 
いたずら顔で像によじ登るまめちゃんのブラックユーモア好きは今に始まったことではないが、女芸人みたいにならないか将来を案じてしまうよ(´д`)
 
 
 
房総最南端の大きな岩の上には白いベンチが設置されており
 

 
沖を行き交う多数の船が望めます。
 

   
帰路グーグルに誘導されて入った安房グリーンラインは、交通量や信号も少なく適度なアップダウンと緩やかなカーブがとても走り易い道路でした。房総の山岳地帯もワインディングが色々ありそうで、今後も房総開拓が楽めそうです。
   
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment