赤城神社(初詣)

1/1元旦
  
実家で迎える2018年。社会に出てからしばらくの間、転勤で遠方にいた頃の習慣が染み付いてしまっていた事もあり、しばらくの期間正月もほぼ実家には戻っていませんでした。
   
おせちって、その家の文化を継承していたりしているかと思うんですが、今まで子供達にそれらを全く触れさせて来ていないのも日本人としてマズイなと、内心思ったりしてました。
  
久し振りにそのおせちを目の当たりにしましたが、、
 

品目は多くても一日中食べたらさすがに飽きますね、これ。


 
(実家もいつからなのか流行りの注文おせちが組み込まれてました)
  

   
我が家も我が家で独自の正月ルールが築かれつつありますが、和洋折衷食べたいものを好きに食べるのが定着してしまいました。
 
多様性としては認めつつも、それでも年に一度くらいなら、古き良き特別食も悪くないと考える前向き(古風?)な私ですが、我がファミリーにはどうやらガチなおせちは無くても大丈夫だったみたいです。
  
因みに実家のお雑煮はダシなしのプレーン味です。具材本来の味を重視し、出汁を重視しないという母方文化の影響下なのでしょう・・
個人的にはもうノンダシの世界へは戻りたくありません。
 
お雑煮はオーソドックスな鶏出汁が一番好きだったりするのですが皆様は如何でしょうか?
  


  
久し振りに過ごす実家でのお正月ですが、特に生まれ育った訳ではないアウェイな群馬での初詣はどうしよう??
 
赤城山の山麓に立地する家なので、やはりこの土地の鎮守を参るのが無難という結論になりました。
 
赤城山頂へ向けて上毛三山パノラマ街道を登っていきます。
 
イニシャルDの赤城レッドサンズのホームコースですが、今は道路上に障害物が設置されてしまい、漫画の世界とは大分違ってしまいました。
 

  
つつじが咲く時期が綺麗な新坂平付近
 

 
その先の道路は完全凍結でした。スタッドレスタイヤ履いてきて良かったわ。
 

  
奥に見えるカルデラ湖の大沼は既に凍っていました。まだ薄氷なのでワカサギ釣りの釣人はいません。
 

 
赤城は関東圏の山ですが、さすがに標高1300mを超えているので相当寒いです。
 

 
赤城神社(→google)。赤城大明神を主祭神ですが、赤城山と沼そのものが神様と思われる神社です。
 

    
御朱印。
 
 
 
寒いので速やかに撤収~
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment