MEGAWEB

3/25日
 
  
 
シーズン前のチェーンメンテとオイル交換を終えて試走がてらぶっこさんとタンデムで出発です。
 
小学生を卒業したぶっこさんとは自転車もそうなんだけど、行動範囲も広がって来て親子の野郎同士でどうでも良いオタクっぽい話でも盛り上がって楽し(人゚∀゚*)
  
やってきたのはメガウェブ(→google)。
  
特に目新しいスポットでもないのですが、トヨタの技術展示やショールームにはニューモデルもあったりで、ぶらぶら歩いても楽しいです。たとえ家族と来てもヴィーナスフォートが隣接なので離れ離れで行動できるのも良いですよね。
 
ひっそり奥の目立たないスペースに一際目立つクルマ、2014年北米国際オートショーモデルのTOYOTA FT-1
 
良くも悪くも現代のスポーツモデルの位置付けがよく分かる展示です。
   

  
これ、実は次期スープラなんでしょ?って近くにいた係の方に聞いてみたのですが、開発チームの設計思想にオマージュはあるらしいですが、スープラとは違うとのこと。
 

  
乗ってみる?(→yes)
   
2017年のモーターショーモデル
TJクルーザー
 

    
SUVとバンの中間ぽいのって意外と少ないですよね。
全長4300mm全幅1775mmのサイズ感がちょうど良い。先日製造終了となったFJクルーザーは日本だとちとデカイ。
 
2018年度内の販売の可能性もあるらしく、このまま世に出してくれれば無難なクルマを造るトヨタのイメージを払拭するわ。
 
 
 
助手席までフルフラットに出来て、開口も大きくモノを固定するアンカーもあったり色々便利に使えそうで、ちょっと期待です。
 

 
最上級グレードのヴェルファイアなども置いてあって、ぶっこさんとこれ乗るなら後ろ座席だよねーってはしゃいで来ました。
   
お隣ヴィーナスフォート内ヒストリーガレージには、ぶっこさんが組立中プラモデルと同じ型のロータス・エラン。
トヨタ以外を普通に展示するの太っ腹だわ!
  

 
バックトゥザ・フューチャーのデロリアンも懐かしいと言えるようになったんだね。マーティは今どんな時代を旅しているんだろ。
 

 
ぶっこさんがたまたま手にした書棚の本。
 

 
愛しき銀の小舟(フィアット・バルケッタのことね)を発見!
もはやヒストリックカーの殿堂に登ろうとしていたのか?!
 

 
お台場まで来たんなら開催中のモーターサイクルショー2018行けよ!という意見は却下という事で(笑)
 

   
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment