FC2ブログ

徳雲院のホタル

6/30土
 
今年は空梅雨なのか、ことごとく週末は晴れまくりです。
 
しかし気温的にはとても人がアクティブに活動するような感じではなく、一般人は外出は控えるってとこでしょうか。普通の大型バイク乗り達はシーズンオフ入りましたね。
 
突然ですが、Yさんは我が家のお隣のマンションの住人。8年前に引っ越して来た時から、駐輪場に止まるバイクが四季を問わず週末必ず居なくなるので、かなりコアなライダーと認識していたのですが、なかなか話す機会がなく今に至っていました。
  

  
とある日、野良仕事をするため庭にいたところ、たまたま敷地越しにバイクカバーを外していたYさんと対面しご挨拶。
 
私より一回り上世代で、お話してみるととても気さくで、雰囲気はバイク乗りにして思いのほか(失礼!笑)ダンディ~なお方です。
 
TTR Raidと最近増車したW650の二台体制で、今も方々をバイクで駆け回っているらしい(^^)
 
かたや旅行先でお会いする旅人みたいな不思議な感じ?というのは私の第一印象でして、後に判明するのですが、やはりと言うべきかバイクで日本一周している旅の超ベテランでした。
  
前日連絡で「8時出発」「秩父方面」とだけ決めて、細かい事は何も決めない出たとこ勝負作戦。
  
古くからの友達みたいな集合方法で、お互いまともな社会人なのか疑われる(笑)的な感じなのですが、
フタを開けると行動の速いYさんに私の準備が間に合わず、Yさんは要給油状態らしいので近場のガススタで急遽集合する事に。
 
流石に阿吽の呼吸とはいかないですね(笑)
 
中央道を八王子ICまで走り武蔵五日市駅を経由して青梅へ進みます。青梅から先、秩父方面へのルートは自ずと決まってきます。
   
最初の休憩は名栗湖、先日棒ノ折山のハイキング時にも通りかかった有間ダム。
 

  
Yさんの着る「一生バイク乗りTシャツ」。ある種哲学を越えるというか、トラピスチヌの修道士のような決意の表れが、目とココロに焼き付いて離れません。
  
お互い美味いものには目が無いようで、豚味噌丼で名を轟かせる秩父の某有名店の前まで来てみましたが、開店直後にも関わらず照り付ける太陽の下、公道まではみ出す程の行列に戦意喪失。
お互い行列嫌いなのも一致しスルー。
   

 
結局国道140号の山道を進み、道の駅大滝で無難にわらじカツ丼。
以前食べた凶暴なわらじカツとは違い、優しい味と量でした。でもインパクトにはかけ普通過ぎました。食に関しては全くのリサーチ不足でした。次回に活かします、反省。
  

 
食後のデザートと言えばソフトクリーム。ツーリングと言えばソフトクリーム。暑い時期はソフトクリーム。これ。
 

 
滝沢ダムのループ橋。仰々しくも、雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)という別名があります。
  

 
そのまま国道140号を進み雁坂トンネルを抜け塩山まで一度降り、すかさず国道411号を柳沢峠まで再び坂を登っていく、ワインディングラバーズコースです。
  
柳沢峠茶屋にて黒蜜きな粉ソフト。これ、信玄餅ソフトそっくりや!
翌日、家族とアイス食べまくりの計画なのだが、喉の渇きもあってかつい手が伸びてしまう。
  

  
適度な休憩を挟みながら、奥多摩周遊道路を通ってあきる野まで進みやってきたのは、
東京でホタルが見れるというレアスポットの徳雲院(→google)。Oさんに教えていただいた隠れスポットです。
記事にはしていませんが家族と先日来たばかりです。写真を撮れなかったのでリベンジもしたかったので。
 
6月中~下旬が最盛期。
 

 
駐車場に止めてお寺の裏に流れる小川へ。
  

 
この後にホタルが飛び回る写真が来る予定だったのですが、テクも機材も適切なのがないのでリベンジは果たせず(´д`)でも沢山のホタルが飛んでいるの見えましたよー。(気になる方はググってみて下さい。)
 
知人などとツーリングに行くと、帰り道のどこかで流れ解散とかが普通だと思いますが、Yさんとは何せお隣同士。
 
バイク降りる所まで同じで、何だか家族と走りに行ったみたいだわ(笑)
 
 
  
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment